バイク査定ポイントを知ろう|査定に関するウラバナシ

バイク

バイク査定のポイント

バイクの査定を行うには、いくつかのポイントがあります。査定の際にどの部分を見て査定するのかは、各業者によって違いがあります。例えば、査定のチェックを行う項目が50箇所と決めている業者もあれば、100箇所近く決めている業者も存在します。しかし、どの業者も基本的にチェックを行う基準は、ほとんど同じです。特に、外観や内部の状態、走行距離、バイクの年式などは、査定を行う際に必ずチェックされるポイントです。

バイクの外観は、とても重視されます。傷などの傷みが少ないほど、評価は良いのです。普段乗車していて付いた傷はそこまで大きなマイナスにはなりませんが、転倒で付けてしまった傷やヘコミは、評価ではウィークネスになってしまいます。外観を良くするにも、人の出入りの少ない場所で保管するなど、普段から気をつけることが大切です。また、バイクが好きな人の多くは、改造をして楽しむ人が多いのですが、改造などで付けたフレームなどは、一般的にマイナスになります。ですから、改造を行いすぎるとマイナス点は、増えてしまいます。また、内部の状態も大きな評価ポイントです。特にエンジンは、きちんとエンジンがかかるかやアイドリングを行っている時の状態や、異常な音がしないかなどを見ています。さらに、走行距離や年式などは、大きなポイントです。年式が新しいものや、走行距離が短いバイクは、高い価格で買い取ってもらえます。

NEWS

TOPICS

トップへ

Copyright (c) 2015 バイク査定ポイントを知ろう|査定に関するウラバナシ all reserved.